コンプリートケアプログラム -Complete Care Program-

 私たちのミッションは、患者様お一人おひとりに、できうる限り最高の口腔の健康を提供し、これを可能な限り長期的に維持することです。このためには、①口腔の健康の悪化に関与する全ての因子を見つけること、②これらの因子を除去する最良の方法を決定することが重要です。  単にう蝕があるから削って修復する、歯が抜けてしまったから義歯を作る、といった短絡的な考えにもとづく作業ではなく、なぜう蝕ができてしまったのか、なぜ歯が抜けてしまった(抜かなければならない状況になってしまった)のか、という原因を知り、その原因を正すことが大切である、と私たちは考えております。

 口腔の健康に影響を及ぼす代表的な因子は細菌と咬合ストレス(咬み合わせの問題)の2つです。細菌がう蝕や歯周炎に関与することは、よく知られています。咬合ストレスは歯の動揺や摩耗、顎関節の異常や咀嚼筋の機能異常などに関わります。この2つの因子が単独で、あるいは互いに関わり合って歯や、歯を支持する組織の破壊が起こります。

 患者様と共に、これらの因子の有無や実際に口腔内で起こっている問題を十分に理解・共有し、より予知性の高い治療を行うため、私たちは皆様に、現行の健康保険制度に縛られることのない独自の治療プログラム(Complete Care Program コンプリートケア・プログラム)をご提案いたします。もちろん、健康保険を利用した治療プログラムもお選びいただけますので、皆様のご希望をお聞かせください。

①検査 Co-Diagnostic Examination

以下の検査を2回のアポイントメントに分けて行います。検査時間は1回につき約1時間です。患者様にもご自身の口腔内の状態を把握していただけるよう、内容・目的をご説明しながら検査を行います。検査費用として15,000円(税別)を頂戴いたします。

1. 個々の歯の診査(歯の形態、う蝕、修復物の状態など)
2. 歯周組織の診査(歯周ポケットの深さ、歯肉の状態・色調・付着状態など)
3. 歯の動揺の診査
4. パノラマX線写真(上下顎全体のX線写真)の撮影
5. 個々の歯のX線写真(バイトウィング含む18枚)の撮影
6. 口腔内写真の撮影
7. 診断用ワックスアップモデル作製のための、上下歯列の印象採得
8. 咬合接触状態の診査
9. 顎関節ドプラー診査
10. 顎関節負荷テスト
11. 咀嚼筋群の触診
12. 口腔癌のスクリーニング

②治療計画の作成 Treatment Planning

検査結果をもとに治療計画を作成します。

③コンサルテーション Consultation

治療計画、費用、治療期間などをご説明いたします。模型上で実際に治療のシミュレーションを行ったもの(ブループリントモデル)ご用意いたしますので、視覚的にも治療前/後の変化をイメージしていただけます。
計画にご同意いただいた後に治療開始となります。治療内容や費用についてご不明な点やご要望があれば、どうぞご遠慮なくお尋ねください。

④プラークコントロールプログラム Plaque Control Program

プラークの除去や歯周ポケットの徹底的な清掃は口腔の健康にとって必須の条件です。プラークコントロールを伴わない治療は、決して完全な治療になり得ません。
本格的な治療のフェーズに入る前に、このプログラムでプラークコントロールについて理解していただき、その技術を習得していただきます。

⑤治療 Treatment

プラークコントロールができるようになったら、いつでも治療を始めることができます。まず始めに咬合調整で有害な咬合ストレスを除いてから、治療計画に沿って治療を進めていきます。

⑥リコールプログラム Recall Program

治療が終了したら、定期的なチェックを受けられることをお勧めします。リコールプログラムを受けられることで長期的に安定した口腔環境を維持することができ、万が一新たな問題が起こっても速やかに発見、対処が可能です。